時短勤務 正社員

時短勤務 正社員

 

広い工場だったのですが凄く閉鎖的な印象でした

 

最初こそ面接の時の条件通りに友達と同じ生産ラインに配置して貰えたのですが程なく時間帯は昼夜逆にされるは部門は変わるはで条件が変わって行きました。広い工場だったのですが知る人も少なくライン作業の最中はすごく閉鎖間を感じました。挙句に一回機械を止めると一千万円の損害が出るという機会の作業を一人でやらされたこともあり強烈なプレッシャーを感じながら一日の作業をこなしていました。拘束時間も長く基本的に12時間で残業もあります、人で不足だったので休みも8勤1休程になっていました。最初に面接を受けた時と条件が余にハードに変わってしまっていたので程なくギブアップさせて頂きました。派遣で工場に入っていたのですが担当の人と何度も喋りましたが中々上手く調整をして貰えませんでした。確かに高時給で職場も近かったのですが本当に自分にその工場の仕事が合っているのかちゃんと確認してから入社するべきだったと教訓になりました。

 

 

 

時短勤務 正社員

時短勤務 正社員

 

時給も高く自分でもやれそうだったので

 

最初、派遣が率いいよ、と話を聞いたので「アデコ」という派遣会社をとおして「長府製作所」にいったのはいいのですがしごとがものすごくきつくて、そしてたかが派遣という目で見られており1日8時間と2時間の残業でやっていたのですが、やすみの日には家で寝てるといった具合で、なんか人間の仕事じゃあないみたいでした。こっちが一生懸命がんばっても、ただこき使われていて、その会社は社員登用制度がなく1ヶ月でいやになっちゃいました。そこのかいしゃの人は、仕事が出来て当たり前みたいな視線でこっちをみて、なんか邪魔者扱いでした。それで思いました。よほど自信がないと派遣では勤まらないと、仕事もで来て、作業もテキパキこなして、なおかつきつい仕事
にたえられないと勤まらないような気がしました。それで実感させられました「自分には派遣は無理だと・・・」とにかく工場のしごとは何も特技もなく、最後に行き着くところだなと思いました。自信がなければ工場の派遣は止めといた方がいいと思いました。

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

とてもきつかったですもうやりません
自宅から近く、雇用環境が良かったため
良かったです。時給払いでした
自分にだけあたりが厳しい時
自分ばかり忙しいと感じた時

更新履歴